商工会議所の事業 - 各種検定試験情報 -

平成28年度須賀川商工会議所「検定試験」施行日一覧


施行日及び受験料一覧

東京商工会議所各種検定のご案内

 東京商工会議所が施行する下記の検定試験について、当須賀川商工会議所も試験会場となっております。
 受験を希望される方は、
 東京商工会議所検定試験情報HP(http://www.kentei.org/
 をご覧いただき、施行日程をご確認の上、東京商工会議所までお申し込み下さい。

 ◆ビジネス実務法務検定
 ◆環境社会検定(ECO検定)

 お問い合わせ:東京商工会議所検定センター TEL 03-3989-0777
        須賀川商工会議所企業課(TEL 0248-76-2124)東商検定担当
 

そろばん(珠算) -計数感覚や暗算力を養います-

 そろばんは、つくりは簡単ですが、計算のプロセスを目で追うことができるので、どこが間違ったかが分かります。上級者になれば、そろばんの珠が頭の中に浮かび、暗算で計算できます。電卓は便利なようですが、キーをたたいて結果をだすだけなので、どこで間違ったかといった感覚が身につきません。そろばんは、頭と手を使う道具ですが、電卓はキーをたたくだけの計算のための機械といえます。
 そろばんを子供の頃から学習することによって、計数感覚やおおよその数を見通す力、暗算力や計算力、忍耐力など、IT(情報技術)時代にふさわしい基礎能力が身につき、自分で答を導き出したという達成感も味わえます。
 全国に約5,500ある珠算塾での学習では、そろばんを学習するだけではなく、挨拶や礼儀作法などが身につくといった副次的な効果もあります。
 そろばんの学習により、パソコンの入力作業での単純ミスが少なく、計算嫌いも減るといった指摘もあります。現在のようなIT時代だからこそ、結果をマニュアル的に使いこなすだけのハウツーよりも、ITにたどり着くまでの仕組みを理解できる基礎能力が身につくそろばんを学習し、検定試験に挑戦してください。
 

簿記 -企業の経営内容を数字で読める-

 簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わず、お金の収支計算をするだけではなく、定められた帳簿や書類を作成することにより、そこに表れる数字の意味を正しく読み取り、企業の経営状態を把握できる基礎知識です。
 簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識や財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につき、費用や収益率を意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全てのビジネスパーソンに役立つ知識です。さらに、税理士等の国家資格を目指す方や他の資格と組み合わせてキャリアアップを考えている方にも必要な知識です。
 現在では、多くの企業が社員に対して資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準、大学入試検定(大検)の免除科目に採用されているなど、「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ていることから、1級~4級までを合計すると、年間53万人強の方々が受験しています。
 受験勉強にあたっては、過去問題を数多く解くだけではなく、問題をよく読んで出題の意図を正しく理解して解くように心がけると同時にケアレスミスにも注意する必要があります。また、新しい会計基準等や出題範囲全般を学習することも必要です。
 試験終了後は毎回その問題を出題した意図や共通して誤りの多かったことなどを作問者が執筆し、検定ホームページ(http://www.kentei.ne.jp)に掲載していますので、参考にしてください。
 

計算能力検定試験 -暗算や筆算での計算能力が身につきます-

 計算能力検定試験は、小学校から社会人までを対象として、全国統一基準の筆記試験として施行する新しい試験です。
 
 詳細は、検定ホームページ(http://www.kentei.ne.jp)をご覧下さい。
 

受験申込

 受験申込方法:所定の申込用紙に必要事項を記入の上、受験料を添えてお申込み下さい。
 主催:須賀川商工会議所・日本商工会議所
 
 検定ホームページ:http://www.kentei.ne.jp